そんな気がした

さくらちゃんの健康診断に行く。採血の時少し騒いだけどまずまずおとなしいほうだ。
11月ごろに生まれているので4ヶ月ぐらい・・・・・もっと小さいのかと思った。
10分して結果が出た。先生が気の毒そうに「猫エイズに感染しています」と言った。
時々、何か咳き込んでいたので病気持っているとは思った。
こんな猫を拾ってなんて全然思わなかった。こんなに小さいのにこんな大きなハンデを
背負ってかわいそう・・・・と、思うほうが大きかった。
いかに、猫エイズが蔓延しているのがわかる。
猫を捨てるからこんな子が出来るんだよ~さくらちゃん、恐い思いしていたんだぁ~
日本でも猫エイズの予防注射が解禁になったのだから、狂犬病の予防注射
みたいに、猫にも義務付けたらいいかも・・・・
先生、とりあえずどうしたらいいの?抗生剤一日3回、様子を見て予防注射
さくらはお薬、パクパク食べてくれるから楽だ。
さくらをよその人にあげなくって良かった。ずっとなんか言われなくて済んだ。
猫エイズの事何も知らなかった頃はみ~ちゃんがエイズですと言われた時は落ち込んだ。
み~はあれからなんともなく何年も元気です。発症しなければしないまま一生を終える事だって出来る。
さくらちゃん、大丈夫!おかにゃんが見守って育ててあげる。
今日は暖かくて、庭に全員だして二度と歌えない歌を歌う。
「猫は元気にあそびましょう~それが猫って言うもんだ~こりゃ~」
さくらも、元気に走っている。そして、み~ちゃんのところに行ってよりかかる。
「あはは、エイズ同士~」みんな、天命なんだから生きるところまで楽しく生きろ~~~
おかにゃんがついているよエイエイオー!おかげで、そらこも倒れるわけにはいかないので
風邪一つ引かず元気です。
[PR]

by sorako551 | 2009-03-18 18:26 | | Comments(0)