動物病院も大変だぁ~

カイちゃんを病院に連れて行ったとき、先生の奥さんが犬をシャンプーしていたのが見えたので「シャンプーもするの?」と、聞くと「うちの犬なんですう・・・」先生、犬飼っているのだぁ~
猫も飼っていると言う。それが、びっくりで、血だらけの子猫を病院の入口に置いていかれて
背中が裂けていて、先生が手術して一命をとり止め、今じゃおお猫になっているとか・・・・
先生に飼って貰いよかったケース・・・
子猫ならもらい手はあるけど、大猫は難しいらしい・・・・ビー君みたいなケース、3歳だったが
すっかり、家の猫で、夜になると、ケイイチ君がビーが居ないと騒ぐ。
「ビー君~~おうちに入る時間だよ~~」と夜、庭に向かって呼ぶと、どこからともなく
「ビービー」あたりまえのように走ってくる。
病院の前に、捨て犬、捨て猫する事は、多々ある話で、先生仲間内でも子犬がたくさん置いてありゲージまで付けてあったとか。ふとどきもの!!!びっくりするなぁ~
先生は、箱に入れられて黙って置いておかれると、助かる命もたすからない!
ほんとだ!病院の駐車場だって広い、気が付かないよゴミだと思う。しんじられないひとがこの頃多い。道路に、電気釜、ふとん、怒るよ!!
[PR]

by sorako551 | 2009-07-05 11:48 | | Comments(0)