貰いもの

おばあさんをデイサービスに送り出してから、まず、さくらを病院に連れていく。
鼻がグスグス、変な咳?次にみ~ちゃんを連れていく。
どうみ、み~からもらったみたい、み~はももちゃんからだと思う・・・・
ももちゃんは結局、家にはこなくなったのだけれど、なにかウィルス置いて行った。
親密だった2匹が病気です。こうゆうケースもありえるんだなぁ~
抗生剤の注射をチックン!2週間の飲み薬、それでもだめならインターフロン療法。
二匹とも猫エイズで免疫力不全だから長引くかな?
家に来た猫達は、全員、自ら助けを求めて来たし、私にしがみついてきた、だから家族になれたけど・・ももちゃんは人間に全然なつかなかったので残念な結果でした。
今日は忙しくて何度も出かけた。
4度目に家を出るとき、お向かいのおじさんが手を振って寄って来た。
「ちいさな黒猫、お宅の猫かい?」
「いいえ、子猫?」
がさ藪で死んでいたので埋めてやった、と、言う・・・・
かわいそうに・・・目にみえないけれど、そうゆう現実の方が多いと思う。
さくらは、簡単に口に錠剤を放り込めるが、み~は薬が嫌いだから全身で抵抗。
毎日、格闘しています。かわいそうだけど、お互いかかわった結果で仕方ないよ。
[PR]

by sorako551 | 2010-08-20 07:53 | | Comments(0)