食べた~

み~を連れて病院に・・・・
み~を観察して思ったのだけれど、内蔵ではない!
口内炎や鼻炎の為に食事ができないのかも?
どんどん、体重が減って、背骨がゴツゴツしてきて悲しくなった。
抱いても軽いし、歩きもよろよろ・・・・
これは、高齢猫のせいもあるが、さらに食べれなくて痩せた。
手を変え品を変え、いろいろお薦めしても、ちょこっと食べるとイラナイ、イラナイで参った。
そろそろお迎えが来たのか?と本当に思いました。
内蔵の薬も飲んでいるが、時々点滴にも連れて行く。
今日、ステロイドの注射をしてもらった。
これは、み~ちゃんにはリスクがあるというけど・・・食べられないとそれどころではない。
人間もそうだけど、食べられなきゃおしまいだ!!
医者はリスクにいつも重きを置くところがある。
カイちゃんの時もそうだけど、あえてリスクを侵して試してもらった結果
カイはあれから2年も猫らしく楽しく暮らしている。
老い先短いみ~だもの、リスクを土返ししてもいいかな~
「み~ちゃんままだよ~」
夜、初めて、まともに食べたよ~おかにゃん、うれしい・・・・
[PR]

by sorako551 | 2012-10-04 18:27 | | Comments(0)