み~ちゃん逝く

朝、寝床にみ~ちゃんの姿がなく驚く。
台所で亡くなっていた・・・・・
まだ、体が固くないし、冷たくないから寝ていると思った・・・
砂場に行こうとしたのか?呆然
あんなに歩けるとは思わなかったので油断した。
最後の力を振り絞ったのか・・・・
突然の別れとなりました。自分で引き時を決めたんだね!
最後まであきらめず食べさせていたのが救いだ。何もしなくて寝床で寝かせて置かなくて
よかったと、自分勝手だけど思った。
み~も意思通り歩けてよかった・・・・
明日、ペット霊園で火葬にします。
動物病院の先生にず~っとみてもらっていたのでお礼の電話を入れる。
まもなく、綺麗なお花が届けられた。
ストーブの前はさくらと、カイ、ビー君しかいない。
さみしいなぁ~友達にはあえて言わない。大泣きしそうだから。気持ちが落ち着いたら言う。
泣かないで話せるまで・・・・明日は一人で猫のお葬式。
写真を持ってくるように言われているのでパソコンの中から探す。
みんなと写る写真が多くて一匹でいる写真が少ない・・・・
これにしょう~元気だった頃のみ~ちゃんだぁ・・・・
ずっと持病と付き合って15歳8ヶ月、がんばった!我が家で一番長く生きて徳を積み
弱い者の見方で、みんなに愛された猫でした。
c0049489_19162353.jpg

       明日の遺影はこの写真にした。元気で希望に満ち若々しい、
       誰からも一目置かれ、懐の広い心根が表れている気がする。
[PR]

by sorako551 | 2012-11-27 18:46 | | Comments(0)