猫の愛情

思い起こせば、シマちゃんは外歩き猫で家を留守がち・・・・
そんな中子猫のさくらを拾い、さくらは自分がここの猫で、シマは時々会う外猫と
勘違い・・・それで、シマに会うと追いかけまわす事があり
それでなくても、たくさん猫がいて、おとなしくやさしいシマはますます居場所がなくなる。
甘ったれのさくらはみ~ちゃんにべったりでみ~の子供になる・・・・
その後、シマの行方不明事件が起こり
み~ちゃんが亡くなり・・・・ある日、1年3カ月ぶりにシマが帰って来た。
傷心だか判らないけど、さくらは、いつも可愛がってくれたパパが居なくなって
誰も、さくらと一緒によりかかって寝てくれて、ぺろぺろ舐めてくれない!
誰も、お腹の中に入れてくれない・・・・
なんだか、さくらの方からシマに歩み寄って行く事がしばしば~
シマはどうしていいのか戸惑い、逃げ腰・・・
そんな日々が1年続き、最近、情にほだされてか?
愛情が湧いてきたのか?
シマはさくらに対してみ~ちゃんが戻ったように同じ事しています。
ほほえましいです。よかったね!さくら~c0049489_20274798.jpg
カイもみ~ちゃんをさくらと、取り合っていましたが
シマはカイが傍に来ると我慢してつき合っていますが
苦手の様で、たびたび逃げ出す~
み~ちゃんがいなくなって、みんな寂しい・・・・
[PR]

by sorako551 | 2014-03-25 20:32 | | Comments(0)