み~ちゃん大丈夫か

時々「ゲェ~」とか「カッ!」とかやるが吐くわけじゃない・・・
「み~ちゃんだいじょうぶ?先生のところへ行こうよ~」
あさ、起きてくるのも遅いし、ストーブの前で寝ていてドライも食べない。
「お熱あるのかなぁ~風邪引いたの?」
移動ケースに入れたが、声がかすれているので鳴いてもうるさくない。
この位でちょうどいいよ・・・
クリニックは足場が組んであって、二階なので診察していると窓に仕事を
しているお兄さんの足が行ったり来たりしていて、先生もこわいが、窓の
外の足も恐いしプルプル震えて鳴いても大した声も出ない。
先客は黒い猫ちゃんが避妊手術らしく飼い主さんが宜しくと帰るところだった。
旦那さんの方がみ~ちゃんのケースをのぞいて「すごい、でかいなぁ!」
と言った。体だけはデカイがノミの心臓(^o^;
熱は39度くらい大したことないし、呼吸も荒くない、気管支かなぁ?
ともかく、点滴して気管を開くような薬を入れて一日様子を見る事になる。
み~はちょっと気をつけてあげないといけないので、おかにゃんは
神経質にすぐ先生のところに走る。
助手のおねえさんに抱かれて、こわいこわいと目でおかにゃんを一生懸命
見ています。がんばれ~こわくないよ~
家に帰ってきたら、外をのしのし~ドライもお昼にぽりぽり
いいけんど、あの治療費なんだよ・・・・
c0049489_21523166.jpg

   おかにゃんどこ~いかないで・・・・こわっ!
c0049489_21562229.jpg

[PR]

by sorako551 | 2008-02-02 21:31 | | Comments(0)